労働相談 社会保険労務士、労働相談 社労士、労働者側社労士、特定社会保険労務士、あっせん代理、匿名で労働相談、匿名でカウンセリング

労働相談須田事務所

電話受付平日9〜18時

Tel:090-9136-1950

トップページお問い合わせご依頼と解決までの流れ料金表労働相談須田事務所というか、須田美貴についてよくあるご質問解決事例

解決事例

解雇

【即日解雇で解雇予告手当支払われず】
労働基準監督署に同行し、監督官の調査。一部支払ったと主張する社長。ご本人と社長との話し合いに付き添い、残りの全額支払われた。(2013年)

【解雇の不安】
職場で解雇が増えている。自分もされるのではないかという不安。対面相談にて、解雇を言い渡された時に注意する点と転職のアドバイス。(2013年)

【入社即解雇】
解雇の撤回は望まないが、社長へ謝罪を求めたいとのこと。社長あてに手紙を書くことをアドバイスし、社長より書面にて謝罪がある。(2014年)

【経営不振のため解雇】
明らかに経営不振ではないのに経営不振という理由で解雇された。あっせんにより、解決の日までの賃金相当額が支払われた。(2015年)

【シフト入れてもらえず】
シフトに入れてもらえず実質解雇。内容証明を送ることをアドバイスし、金銭解決。(2015年)

【成績が達していないことを理由に解雇】
成績の基準もなく、自分だけ試験を受けさせられ、点数が低いために解雇と言われた。人事との話し合いに同行し、金銭解決。(2015年)

【気にいらないという理由で解雇】
解雇撤回を求め弁護士さんに依頼し労働審判。解決までの不安定な精神状態を支えるため数回カウンセリング。自信を持って労働審判に望め、納得のいく解決もできた。(2016年)

【退職願を強要】
会社からの一方的な契約解除にもかかわらず、退職願を提出させようとした。解雇を認めさせて解雇予告手当が支払われた。(2016年)

採用・契約

【内定取り消し】
理由なく内定取り消しをされた。対面相談と電話相談によりアドバイス。ご本人と会社とのメールのやり取りにより金銭解決。(2013年)

【昇給】
長年正社員として働いていて全くお給料がアップしない。従業員数が数名なのでご本人が社長と話し合うことに。交渉時、面談時の注意点をアドバイスし、社長の理解を得られ、今後は昇給を考えてもらえることになった。(2014年)

【退職金カット】
長年勤務した会社で突然理由を告げられず退職金が大幅減額になった。法的なアドバイスをし、ご本人が会社と交渉して解決。(2015年)

【不利益変更】
給与が大幅に減額されるという話があり、退職を迷う。もう一度会社と話し合うことをお勧めし、話し方や面談時のアドバイスをする。減額されずに済み、退職することなく解決。(2016年)

社保

【社保未加入】
会社に主張しても社保に加入してくれない。年金事務所に同行し、フルタイム勤務であることを証明し、さかのぼって加入することになった。(2014年)

【社保未加入】
社保未加入により給付を受け取れず。あっせんにて金銭解決。(2014年)

未払賃金

【残業代未払】
年俸制という理由で残業代が支払われていない。対面相談にてアドバイスし、ご本人が人事に確認。さかのぼって支給が決定。(2012年)

【残業代未払】
みなし労働という理由で残業代が払われずパワハラも受ける。労働基準監督署に同行し賃金未払の是正勧告後、支払われる。(2013年)

【始業30分前出勤】
始業30分前に出勤することが義務付けられていた。退職時に未払賃金として請求。ユニオンと連携して団体交渉し、支払われた。(2015年)

【名ばかり管理職】
主任という理由で残業代が支払われなかったが、指揮命令をされていたこと、人事権がないこと、時間管理をされていたことを理由に請求し、すぐに支払われた。(2016年)

退職

【自己都合退職】
翌月自己都合退職が決まっている。有給休暇の消化や失業の給付など退職時の注意点を知りたいとのご相談。対面相談にてアドバイス。(2013年)

【休職から退職】
職場環境の悪さから体調を崩し休職。退職金と退職後の傷病手当金を受給することで生活の不安が解消し、退職。(2015年)

【退職時に研修費を請求された】
退職を申し出たところ、研修費数十万円の請求書が届く。社長との話し合いに同行し、支払わないことで解決。(2015年)

【自己都合退職か解雇か】
解雇されたというご本人と勝手にやめたという会社。社長との話し合いに同行し、お互い本音をぶちまけて、お互いの勘違いだったことに気づく。握手して和解。(2015年)

【独立開業】
脱サラして開業をしたく今すべきことなどのご相談。退職の手続きや制度をご説明し、退職のタイミング、開業までにやるべきことなどアドバイス。(2016年)

【親の介護のために退職】
ハローワークに問い合わせたところ自己都合退職なので給付は90日だと言われた。特定理由離職者にあたる可能性があり、再度ハローワークに直接確認しに行き、240日の受給が決定。(2016年)

職場環境

【長時間労働】
立場上、長時間労働をせざるを得ない。職場環境を変えて過労をなくしたい。職場環境を変えるために少しずつできることをアドバイス。(2016年)

セクハラ

【セクハラが原因で欝】
うつ状態により休職。労働局に同行。労働局長の指導で職場環境を改善、復職。(2013年)

パワハラ

【理由なき自宅待機】
理由なく突然自宅待機を命じられる。会社は金銭解決を求めてきたが納得できない。電話相談にてアドバイスし、ご本人が会社との話し合いで復職が決定。(2014年)

【パワハラによる欝】
うつ状態と診断されたが、家族を養うために退職できない。傷病手当金や失業給付のご説明をし、収入面の不安が解消し、まずは休職することで解決。(2016年)

【パワハラを受けているが休職できない】
傷病手当金や失業給付の制度をお伝えした。年齢的にも転職したほうがよいと決意され、不安が解消。(2016年)

転職

【休職から転職】
うつ状態で休職。対面相談で、傷病手当金、失業の給付の説明をし、収入面での不安解消。(2013年)

【長期休職を経て転職】
転職活動の不安と仕事以外のプライベートも充実するためのご相談。障害者雇用枠での採用が決まり、資格取得のための勉強も始め、新たな生活がスタートできた。(2016年)

社労士受験・合格者

社労士受験生や合格者の方からご相談をよく受けます。合格後どのような仕事に就いたらよいか、労働者側の社労士になるにはどうすればよいか、資格を活かすには、受験のモチベーションアップなど。
皆様ひとりひとりにお返事をしております。直接お会いする方もいます。
受験生の方、合格者の方、こんな私を目指したいと言ってくださって本当にありがとうございますm(_ _)mこれがなによりの私のモチベーションアップになります。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
これからも頑張ります!
ちなみに、アドバイスは辛口です!!
須田美貴

dummy